トリキュラーは病院で出される薬との飲み合わせに注意

トリキュラーなど低用量ピルを使用している期間は、病院で処方される薬との飲み合わせに注意してください。市販の薬なら、どんなタイプでも問題ありませんが、病院で処方される薬の中にはトリキュラーの吸収を妨げて避妊効果が低下する薬や、トリキュラーの効果に影響はないものの、併用する薬の作用に影響が出るものもあります。飲み合わせがに注意したいのは、次のような薬です。
よく処方される薬である、ペニシリン系抗生物質やテトラサイクリン系抗生物質は、トリキュラーが腸で再吸収されるのを妨げます。その結果、避妊効果は低下し、不正出血が起こることがあります。ペニシリン系抗生物質やテトラサイクリン系抗生物質は、同じ効き目の他の薬で代用できますので、病院で相談して替えてもらうとよいでしょう。治療を優先する場合には、これらの薬の服用中と服用中止後7日間は、他の避妊方法と併用してください。向精神薬のバルビツール酸系製剤、結核の治療薬リファンピシンなども避妊効果が低下する可能性があり、真菌を殺すフルコナゾール(ジフルカン)やボリコナゾール(ブイフェンド)はトリキュラーの血中濃度を高める可能性があるとされています。
相手に影響の出る飲み合わせでは、ステロイドや三環系抗うつ剤の作用を強める可能性があり、血糖降下剤の作用を弱める可能性があるという報告があります。解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンは、併用することでアセトアミノフェンの血中濃度が低下し、トリキュラーの血中濃度が高くなる可能性があります。
このように、トリキュラーには飲み合わせに注意する薬がありますが、禁止されているわけではなく、状況によっては一緒に処方される場合もあります。いずれにしても、トリキュラーを服用中であることを医師に告げて、対応方法を確認してください。

ページの先頭へ戻る