トリキュラーのスタートと解任について

トリキュラーは生理の周期に合わせて服用をスタートさせる必要があるので、自分の周期を把握しておく必要がありますが、不規則な場合には生理が始まった日に服用をスタートさせることもできます。トリキュラーは毎月21日間服用しなければならない薬で、飲み忘れてしまった場合には24時間以内ならば2錠服用することで避妊を継続することができますが、24時間以上経過してしまった場合にはもう一度最初からスタートしなければならないので、避妊効果が2週間程度なくなってしまいます。トリキュラーは比較的副作用が少ないタイプのピルなので女性の体にもあまり負担になりませんが、むくみなどの症状が出た場合には婦人科などを受診して他のタイプのピルに変えてもらう必要があります。トリキュラーは正しく服用すると80%以上の避妊率なのでコンドームよりも妊娠しにくくなりますが、正しく服用しないと効果がないので妊娠してしまう可能性があります。個人輸入でも手に入れることができますが、婦人科で検査をしてから購入するほうが安全性が高く、血栓症のリスクにも対処することができます。プロ野球の賭博問題でチームを解任された原監督の後には高橋監督になりましたが、賭博問題による解任の影響でチームが注目を集めているので、ある程度の成果が出せない場合には責任問題にまで発展する可能性もありますが、解任された原監督に指導されてきた高橋氏が監督になることで指導方針などを引き継ぐことができるのであまり大きな混乱はないとされています。トリキュラーはホルモンバランスが乱れて性欲が低下している女性にも効果があるので、セックスレスで悩んでいる場合には婦人科を受診してホルモン補充療法などを受けるとセックスができるようになります。

ページの先頭へ戻る