トリキュラーが日本で一番人気なわけ

トリキュラーは、日本で一番人気の低用量ピルです。その理由は、3相性ピルであるトリキュラーは、含まれている女性ホルモンの量が3段階に変化しており、子宮内膜が安定するので不正出血が少ないからです。自然のリズムに合わせてホルモンの量が変化するので、身体にもマイルドです。そのため、初めてピルを利用する人も、安心して服用できます。
トリキュラー21は、1シートに赤褐色6錠、白色5錠、淡黄褐色10錠の計21錠が入っています。トリキュラー28は、1シートに赤褐色6錠、白色5錠、淡黄褐色10錠、大きい白色7錠の計28錠が入っています。色の違う錠剤は、含まれるホルモンの量が異なるため、シートに記載されている順番に沿って、間違いのないように飲んでいきます。21錠タイプは、21日間続けて服用し、7日間薬を飲まない期間をとります。この休薬期間に、消退出血と呼ばれる生理があります。7日間あけたら、消退出血が来なくても、または出血が続いていても、次のシートを飲み始めます。28錠タイプは、28日間続けて服用し、1シート飲み終えたら次のシートを飲み始めます。28錠タイプの大きい白色の錠剤はプラセボ錠で、薬の成分が含まれていません。プラセボ錠を服用している期間が、休薬期間になります。ずっと飲み続けることになるため、休薬期間あけの飲み忘れを防ぐことができます。
どちらのタイプも、最初は生理の初日から飲み始めて、毎日1錠ずつ同じ時間に飲みます。飲み始めが生理初日から遅れた場合には、最初の1週間は避妊効果がないため、他の避妊方法と併用してください。飲み忘れた場合、24時間以内なら、気づいた時点ですぐに服用し、その日の分も通常通り服用します。24時間を超えた場合には、避妊効果が期待できません。いったん服用をストップし、生理の開始を待って、新しいシートの1錠目から飲み始めます。

■服用前に気になることをチェック!
トリキュラーを飲み忘れた場合どうなるか

ページの先頭へ戻る